2013年02月05日

iOS6.0〜6.1 UntetheredJailbreak

先日伝えたように本日(日本時間)2/5の午前2時ごろに
iOS6.0から6.1までをUntetheredJailbreak(完全脱獄)できるツール
Evati0nがリリースされました。

対応デバイスは下記

iPhone3GS、4、4S、5
iPod touch第3世代、iPod touch第5世代
iPad第2世代、iPad第3世代、iPad第4世代
iPad mini

対応iOSは下記

iOS6.0
iOS6.0.1
iOS6.0.2
iOS6.1

上記必要条件以外に必要なもの

evasi0n.exe(Jailbreakツール本体)
USBケーブル
ある程度の英語読み取り能力

下記Jailbreak手順
*Jailbreak(脱獄)はApple、キャリア共に認めていない改造行為です。
Jailbreakをした瞬間からサポートは一切受けられなくなり
たとえ壊れても完全に自己責任なので、仮に当ブログでその行為を行って
本体がおかしくなった、壊れた、起動しない等なったとしても
当ブログは一切の責任を持ちませんので。


当方環境
iPhone5 iOS6.1
Windows7 Home Premium SP1
(下記手順はWindowsPCでの操作となります。)

@iDevice本体をバックアップ。
注*iDeviceをiOS6.0〜6.1に(端末単体)でアップデートした方は
iTunesを使い再度フルアップデートしてください。
その際、バックアップの暗号化をオフにしてください。
さらにiDevice本体のパスコードがオフになっていることを確認してください。
Aツールの入手。
Evati0n公式から本Jailbreakツールをダウンロードします。
公式Evati0n
自分のパソコン環境に合わせたものをダウンロードします。
*ここからJailbreak実行!不用意なJailbreakはやめましょう!
BiDeviceをパソコンとUSBケーブルで繋ぎEvati0n.exeを起動します。
アプリケーションが立ち上がりiDeviceが確認されたら
「Jailbreak」がクリックできるようになるのでクリックします。
*実行中にiDeviceを弄らないようにします。
*しばらくするとiDeviceが自動的に再起動します。

evasi0n02.png

下の画像のような状態になったら
iDevice本体を操作します。

evasi0n03.png

ホーム画面に新しくアイコンが出ているはずです。

IMG_0007.PNG

この「Jailbreak」というアイコンをタップして起動します。
一瞬起動しますがすぐに閉じてしまいますが、これでOKです。
ツール本体が動き出したはずです。

その後、パソコン画面では下画像のようになり

evasi0n04.png

iDeviceが再起動し、evasi0nのロゴが画面に出るはずです。

以上でJailbreakが完了し、ホーム画面にCydiaが現れているはずです。


ワンクリック、ワンタップで完了してしまうとは…。
簡略化の時代、こういったツールまでここまでお手軽だと
知識もなく不用意にやってしまう方も増えてしまうのでは。
ともかく、これで晴れてJailbreakライフを堪能できます。
作成者の方々に感謝ですね!
公式サイトの方で寄付も受け付けていますので、感謝の気持ちをもっと!
という方は寄付をしてみてはどうでしょうか。

それでは、お疲れ様でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318976907

この記事へのトラックバック

Copyright (C) 2011 by iPony All rights reserved.
Rebuild 2017/06/23 01:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。